℡:080-3832-7262 /072-786-6158

Mail:koyomi.shinkyu@gmail.com

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。


 肩こり、腰痛…だけじゃない、鍼灸!

〈治療経験〉…具体的には、こんな症状を診てきました。
 
 【運動器系】
 肩こり、寝違い、顎関節症、五十肩、手足のしびれ(頸肩腕症候群、坐骨神経痛など)
 腱鞘炎、弾発指、背部痛、腰痛(ぎっくり腰含む)、股関節痛、膝痛、筋肉痛
 こむら返り、各種節々の痛み(リウマチや痛風含む)、手足のむくみ
 外傷の後遺症(骨折、打撲、捻挫、肉離れ、むちうち)

 【消化器系】 
 口内炎、腹痛(胃痛、嘔吐、むかつき、膨満感なども)、便秘、下痢

 【循環器系】
 動悸、息切れ、低血圧症(貧血、冷え性など)、高血圧症(のぼせ、多汗など)

 【呼吸器系】
 風邪症状、から咳、痰、気管支炎

 【泌尿器系】
 膀胱炎、排尿障害(排尿痛、頻尿、尿が出にくい)

 【神経科・精神科系】
 三叉神経痛(歯痛含む)、肋間神経痛(ヘルペス含む)、顔面神経マヒ、頭痛
 自律神経失調症、けん怠感、気分の落ち込み(うつ症状)、不眠

 【アレルギー・皮膚科系】
 花粉症、じんましん、アトピー性皮膚炎、ぜんそく
 肌荒れ、痒み、にきび、ふきでもの、魚の目、タコ、イボ

 【眼科・耳鼻科系】
 眼精疲労、目のかすみ・充血、ものもらい、めまい、耳鳴り
 鼻炎(鼻水、鼻づまり、ちくのうなど)

 【婦人科・小児科系】
 生理痛、生理不順、更年期障害(のぼせ、イライラ、うつ症状など)
 つわり、安産の灸、逆子の灸、小児ぜんそく、疳の虫、夜泣き、夜尿症


最初に診察をしっかり行います。
病因を把握してから治療するので、様々な症状に対処できるのです。
伝統的な中国医学には、現代的な医学とは違う、別の病気のとらえ方があります。
人(心と体)の体内環境は自然(季節の移り変わり)と密接にリンクしています。
そのために、不調和を起こした場合、「病気」という形になって現れるのです。

実際の治療についてはこちらをご覧下さい。